コミュニケーション実験室の4つのサービス

コミュニケーション実験室では、お客様の相談内容やご希望に合わせて4つのサービスを用意しています

コーチング

 

「コーチングって、簡単に言うと、どういうことなんですか?」
という問いに、私たちは次のように答えています。

 ①明確な動機付けを行い
 ②行動変容を起こし
 ③ゴールを達成するための
 コミュニケーション活動の総体

人や組織が目標を達成するためにコーチをつけることは
もう普通のことになりつつあります。
プロのスポーツ選手やオリンピックをめざすアスリートだけでなく
ちょっと難しい課題や難題をクリアするためにコーチをつける。
そんな時代が来ています。

では、ゴール達成だけがコーチの仕事なのでしょうか。

 「自分で自分をコーチできるようになる」

コーチがついているときだけでなく、

いつも自分が決めて進むという習慣を身に着けていただくことが、

当実験室の最終的な目標です。

コーチングの主なテーマ
・就職活動を成功させたい
・マネジメントの力をつけたい
・組織を活性化させたい
・組織風土を変えたい
・自律的な行動がとれるようにしたい
・子どもの将来を考えて

 

ファシリテーション

当実験室は「ファシリテーション」を次のように定義しています。

 

 グループでディスカッションしながら、
 自分たちで最良の結果を導くための仕組み

 

研修やグループコーチングもファシリテーションの一形態。

講師が一方的に教える、いわゆる「セミナー」ではなく
当実験室は、
・情報を提供し
・発言を促し
・対話を深め
・参加者の皆さまの課題解決をサポートします。

 

自分たちで解決していく経験をしなければ、
次に直面する課題を解決していく力はついて来ないと考えています。

 

参加者の皆さまには、ファシリテータの役割も経験していただきます。

ファシリテーションの主なテーマ
・就職活動
・新任マネジメント育成
・マネジメント力アップ
・コーチング研修
・メンタルヘルスマネジメント

 

コンサルティング

課題・問題を抱えた組織が
「自分ごととして考える」
「行動する」
「自律的な組織に生まれ変わる」ために
「組織と共に考える」ことを
当実験室では「コンサルティング」と呼んでいます。

 

世の中では、
「コンサルティングは正解を提供するサービス」ととらえられていますが
私たちは、
「正解は過去の例でしかない」と考えます。

 

すべての組織の課題がひとつとして同じではない時代。
自分たちの組織を自分たちで変えていくお手伝いをすること。
それが、実験室が標榜する「コンサルティング」です。

コンサルティングの主なテーマ
・人事制度 評価制度
・組織の活性化
・企業風土の改善
・広告・広報活動
・人工知能に関すること

 

カウンセリング

悩みを抱えたり壁にぶつかったりしている人が
「もうひとりの自分と向き合う」
「今のままの自分でいいことを認識する」
「本当の自分を取り戻す」ために、
コミュニケーションでサポートする人を
当実験室では、カウンセラーと呼んでいます。

 

「自分にはコーチングが必要なのか、

カウンセリングが必要なのかわからない」
とおっしゃる方がときどきいらっしゃいます。
まずは、誰かと話をしてみることから始めませんか。
あなたの気持ちにあった対応ができることも
当実験室の強みだと考えています。

 

カウンセリングの主なテーマ
・会社に行けなくなった

・学校に行けなくなった
・今の自分をどうしたらいいの?
・私の話を聞いてほしい
・子どものことが心配